ww2mx TOPへ IKEYAN@ファクトリー TOPへ 

ワイルドウイリー改造リフトアップウイリーEvo@ワイルドウイリー2マニアックス


リフトアップウイリーの愉しみを更に追及すべく生まれたマシーン・・・
それがリフトアップウイリーエボリューション!
(←長げえので今後はEvoで。)

前置きはさておき、完全に割れてしまったWW2ボディーの代わりにミニクーパを乗せてみた。
と、同時にバッテリーの位置を最適化することにより、
よりハイパワーなモーターの搭載を可能にすべく、改善を加えてみた。
   

−施術@ バッテリー位置の最適化−
部屋に転がっていたデザゲシャーシーをバッテリーを載せる部分を残して切り離し、
開閉蓋付きの棺おけを作成。両面テープとタイラップでメインシャーシに固定した。
見た目もシンプルで強度も十分!いい感じです。
 

−施術A ボディーの軽量化とボディーマウントの製作−
ボディーマウントは部屋に転がっているWW2とTT−01の余りパーツを合体して製作。
ミニクーパボディーの穴変更は必要だったが、なんとか納まった。

ボディーの塗装は悩んだが、一度塗ってみたかったメタルカラーに挑戦してみた。
コスト削減のため、裏打ちの黒は手塗りなのだがなかなか良い感じに仕上がった。
 

−施術B ハイパワーモーター搭載による不安定さの獲得−
ラジマガへの写真掲載の記念品にもらった足軽ストックモーター。
こいつを載せるために生まれたエボリューションなのだがアンプが付いていけませんでした。
MC330では11Tは回せなかったのね・・・

気を取り直してショップで購入したプロストック17T(MC330は本当は13Tまでいけるのだが・・・)を搭載。
アンプと受信機は万が一のクラッシュを考え、最後部に積載!

<総評>
これで完全にWW2本来の挙動を取り戻すことに成功しました!但し、シビアさは2倍!
足回り、特に気になっていた樹脂ドックボーンも全く問題なく使えています。
17Tモータによる燃費の悪化が気がかりでしたが、
ローギヤードが功を奏して3300バッテリなら20分ほど走れてしまいます。

コイツはもう手放せません!!!。

 


追伸:パワーアップの果てに・・・

メインフレームのフロントバルク周りが丸ごともげています(汗)
油断して全開走行時(13Tモーター装着)に直径100mmほどの木にオフセット衝突してしまいました。
 

   

横から見るとこんな感じに・・・
 

フレームは皮一枚で繋がっている状態。更にダンパーのピストンロッドまでが餌食に(大汗)


Evoなので激しく逝っていますが、実はこの壊れ方はWW2独特の構造に原因があります。
通常仕様のWW2でも遅かれ早かれ同様にバルク周りのフレームに亀裂が入ってくるのは
皆様経験積みかと思われます。
このあたりに関する解説はアセンブリングコーナーのTIPSを参照下さい。

 
左にメニューが表示されていない場合はお手数ですが、以下のリンクよりTOPページにジャンプしてください。
ww2mx TOPへ IKEYAN@ファクトリー TOPへ
(総合メインページ)
copyright (C) 2004 ww2mx. All rights reserved.