ww2mx TOPへ IKEYAN@ファクトリー TOPへ 

ワイルドウイリー改造タイヤーチェーンで雪道も安心(?)@ワイルドウイリー2マニアックス


以下はBAKA#100 くちばっちさんに投稿いただいた自作タイヤチェーン作例です。
雪国に住んでいる方には朗報でしょうか??(汗)

それではGO!!
 

こんにちは。
WW2用のタイヤチェーンを早速作ってみましたので、製作方法&インプレを送ります。

材料は、アルミチェーン(2m)、Oリング(内径43.7ミリ、太さ3.5ミリ)×2個、ナイロンバンド×16本です。
チェーンは、ひとつ1センチぐらいの物がいいでしょう。ホームセンターにはいろいろな色があると思います。
今回はちょっと派手にブルーにしてみました。
Oリングは、水道関係のコーナーにあるでしょう。[画像1、2]

まず、長さ22センチぐらいのところ(チェーンの数が偶数になるところ)で外します。
アルミチェーンは切れ目がありますので、ペンチを使って開けば外せます。[画像3]

それを円形につなぎます。この時、ねじれが無い様にします。[画像4]
 

次に、10センチぐらいのところで外したものを8本準備し、先ほどの円に均等に取り付けて、広げます。[画像5]
  

その上にタイヤを置き、チェーンの先端とOリングをナイロンバンドで軽く止めます。[画像6、7]
 

8本とも取り付けたら、全体のバランスを見ながら、ナイロンバンドを、バンドの頭が外向きになるように締めていきます。
きつく締めすぎると、タイヤがつぶれてしまうので、ほどほどに。[画像8]

完成。[画像9]。
   

左右できたら、車体に取り付けです。[画像10]
 

ちなみに、鉄チェーン(黒)でも作ってみましたが、ずっしり重くて実用的ではありません。
なにより、鉄は切るのも曲げるのも大変です。[画像11]

で、肝心の走行インプレは、公園のダートで走らせましたが、グリップは絶大です。ぐんぐん走ります。
まさに「前へ、前へ、」という感じです。ただし、ソフトなスプリングで、”コケないセッティング”が必要でしょうか。
雪上用にするにはマシンの防水対策が必要ですが、通常のオフロード用として使えます。
大きな石に乗り上げても、自力で脱出しました。ヒルクライムなどをするにももってこいだと思います。


テスト走行なので、わざとハードなターンや全速からのフルブレーキをして、アルミが切れないか試してたんですが、
チェーンが切れる前に、ドライブシャフトがイッちゃいました。
私のマシンはデフを超超ハードな仕様にしてるので、回転差を吸収できず負荷がかかったのかも知れません。[画像12]

 

はっはっは。
くちバッチさんはBAKAコーナーに投稿いただいた時に”自作でチェーンを作っている”と書かれていたので
”マジで?”と思っていたのですが・・・大マジでしたね(笑) しかも予想外にハイクオリティーなのには感動しました。
ドッグボーンの首が飛ぶほどのトラクション(もしかすると慣性力?)を味わってみたい方は是非どうぞ。
ってか雪国では必須アイテムですな!
 

雪国一同、くちばっちさんに拍手!
 

>ってか雪国では必須アイテムですな!

なんて上で書いていたのですが、北海道にお住まいの#102YASUさんより既にチェーン装着のレポートあり。
これを付けて雪道でガンガン走らせているそうです。素晴らしい!

更なる北国からのレポートを募集します。

左にメニューが表示されていない場合はお手数ですが、以下のリンクよりTOPページにジャンプしてください。
ww2mx TOPへ IKEYAN@ファクトリー TOPへ
(総合メインページ)
copyright (C) 2004 ww2mx. All rights reserved.