カブト虫研究所 TOP IKEYAN@ファクトリー TOPへ 

カブト虫の仕掛けの作り方 

仕掛けの種類

・バナナ焼酎・バナナトラップ・果実トラップ 
この仕掛けは樹液の出ている木が少ない森&林で有効です。
仮にクヌギやコナラの木がその近辺に無くても夏場にカナブンなどが飛んでいるのを見かけることの出来る場所であれば、たくさんのカブト虫を集めることができるでしょう。
バナナの代わりにパイナップルでも有効みたいですが、バナナと比べて若干高価なので試したことがありません。。。。(^^;)ゞポリポリ
しかし果実トラップには何故かクワガタが集まった事がないんですよねぇ。

・紫外線ランプ+白シーツ(ライトトラップ)
白いシーツに紫外線ランプ(ブラックライトとも呼ばれています)を当てると青白く発行するのをご存じですか?これは洗剤や衣類の繊維に含まれる蛍光剤が発行して発する光なのですが、虫たちは何故かこの光の波長が大好きで大量に集まってきます。コンビニなどの軒先にある電気殺虫器を見たことがある方も多いと思いますが、これはこの原理を応用したものです。
特にクワガタ虫などはこの方法で集まってきますが、巨大な蛾なども大量に集まってしまい、私的にはちょっと・・・です。(シーツが燐粉だらけになった経験あり)

バナナトラップの作り方

まずは材料を用意しよう!!

  
必要な物
@ 新品でも良いが奥さん、お母さんまたは銀行強盗が使い古したストッキング
   (良い子は真似しないように!)。
A 腐る寸前の完熟バナナ 青いバナナでも良いがもったいないので。
B ワンパック焼酎 バナナ3本に対して50ccもあれば十分でしょう。
   良い子はお父さんに分けてもらいましょう。
   (未成年及びカブト虫の飲酒は禁止です)
   焼酎には甲種と乙種のものがありますが、個人的な感覚では乙種の物が良く獲れるのでお勧めです。
   これって、味のわかるカブト虫が多いってことでしょうか??

実践! トラップ製作

@ まずはストッキングの足の部分だけを切り取り
バナナをいれる。
A 適当な容器を調達し、ストッキングの上から
よくこねる。
こうしたほうが良く発酵するような気がする。
B バナナが耳たぶ位の堅さ(←無意味です・・・)
まで程良くこね上がったら焼酎を注ぐ。
C 焼酎を注いだ上から更にこねて出来上がり!!
本当はビニールで密封して1日置いておいたほうが
良く発酵しますが、忙しいお父さんたちには
そんな時間は無いんですよね。

我慢できず、すかさずセッティング開始

 
松や杉でなければどんな種類の木でも問題なさそうです。付ける時にはこんな風に木の幹に沿わせてぶら下げましょう。
幹に沿わせる理由は餌場の争いに破れたカブト虫が落下せずに幹にとどまっておけるようにする為と、もともと飛行がへたくそなカブト虫が難なく餌場に辿り着けるようにするためです。下に落下したカブト虫は見つけにくい上に、どこかに飛んでいってしまうことも・・・。また、満腹になって餌場を離れたカブト虫はそのまま幹の上方にとどまっているケースが多く、このセッティングは食事中&休憩中&待機中のカブト虫をあわせて獲れるため有効と思われます。

試しに空中にぶら下げた場合と同時に比較してみると収穫に大きく差がでるケースもありました。
取り付け高さも含めてこの辺を夏休みの自由研究にしても面白いかもしれませんね。

 果たしてその結果はいかに??  

左にメニューが表示されていない場合はお手数ですが、以下のリンクよりTOPページにジャンプしてください。
カブト虫研究所 TOP IKEYAN@ファクトリー TOPへ(総合メインページ)