カブト虫研究所 TOP IKEYAN@ファクトリー TOPへ 

全国のカブトニアン(カブト人)たち

このコーナーではカブトにハマッていると自他共に認めている皆さんをご紹介しております。
無期限でここに掲載させて頂きますので皆様ふるってご参加ください。ついでに独自に編み出したトラップや採り方なんかがあれば是非ご紹介願います。

”二年越しの成果に大満足” Fさんファミリー
かぶと人 6号はFさんちの”たっくん”です。
Fさんは1年前から当研究所にアクセス頂いておりましたが、昨年度は時期が遅くて残念ながら空振り。
今年度はそのリベンジという事でレポート頂きました。

今年も所長から伝授されたレシピでバナナ焼酎を熟成させました。

 @7/18ユー○リが丘北部の林に仕掛けました。
  バナナ小、焼酎50cc ⇒ 成果:ノコギリ1ペア、カブト1ペア
  しかーし、ここで事件発生!現地退却時マイデジカメが落下。しかーも水がたっぷりの溝中。
    ↓
  デジカメから一瞬ぴかっと発光
    ↓
  デジカメ即死!
    ↓
  大ショック(T-T)

 A7/19小○急ゴルフショートコース付近に仕掛けました。
  バナナ小、焼酎50cc ⇒ 成果:なし

 B7/24印旛郡の○カントリークラブ入口付近の林に仕掛けました。
  バナナ小、焼酎50cc ⇒ 成果:仕掛けが人為的に取られてました・・・

子供はノコギリに大大大興奮でした。もちろん私も。感謝。


おお〜トラップにはクワガタも集まるんですね。
地名(一部伏せてますが・・・)を見る限りFさんは佐倉市近辺にお住まいのようですが、成果があって良かったですね。デジカメ昇天の件はご愁傷様でした。仕掛けは判りやすいところに付けてしまうと人為的に取られることが多いですね〜。また、あんまり奥深いところに設置しても夜間にそこにたどり着けない事も。。。(経験有り)

Fさんからはその後”ノコギリの繁殖にチャレンジしたい”とのメールを頂きましたので確実にマニア道に片足を突っ込んでしまっているようです。

”ご近所の奥様方を絶叫の渦に?” にゃあさんファミリー
かぶと人 5号は相模原市にお住まいの”にゃあ”さんです。

にゃあさんは二人の男の子と娘さんのママさんですが、真冬の一月にもかかわらず”非常に熱い!”かぶとメールをいただきました。本当に話題満載のメールの中でタイトルにある絶叫エピソードを掲載します。
(はっはっは・・・・とても全部は載せ切れません・・・・)

先日、住居から車で少し行ったところに新築現場があり、腐葉土発見!
もしかして、、、とおもってみてみると、、、いましたいました。300匹以上の大群です。
その腐葉土は処分されると地主のおじさんが言うので麻袋に山のように入れて帰ってきました。
よそのお母さん方は悲鳴を上げていたけれど、飼ってもいいよと言う家の子40人程度で分け合いました。


いやー、腐葉土の山を見て”もしや!”と思うところなんかは完全にハマっている証拠ですね。それにしても”麻袋からゴロゴロ出てくるカブトの幼虫群”を見たら私も結構ビビると思います。上の写真のプラケに入っている幼虫群がその中の一部とのことですが、無茶苦茶大量です・・・。

ご実家が佐倉市の井野とのことですので、夏休みは是非Kスポットチェック行きましょうね!

”意外なところにKスポット発見!” Sanadaさんファミリー
かぶと人 4号は埼玉にお住まいのSanadaさんです。

手ごろなKスポットが近所にないと思っていたら”何と庭の柿木に!”というメールを読んでいて私自身も非常にワクワクしました。皆さんにもこの感動を伝えるべく、ご本人了解の上メールを掲載させていただきます。

私は埼玉南部でも、まだ緑の残る地区に住んでおりますが、近くには樹液の出ている木が少なくカナブンもあまり見かけませんし、歩きや自転車でいける範囲にある主要なポイントは、なかなか競争が激しく、夜が明けてすぐに出かけても先を越されてしまうことも、しばしば。夜中に出かければいいとも思いましたが、5歳と2歳の子供を連れての夜中の外出は危険ですし、どうしたものかと思案していたところで、貴殿のサイトで果実トラップを知りました。
昨日、ホントに集まるのかなと半信半疑で、近いポイントのひとつに隠すようにひとつ、
庭の柿の木にひとつ、計2つを夕方4時ごろに仕掛けました。夜9時ごろに、いくらなんでも気が早すぎると思いながらも庭をチェックすると、来てたんです。オスのカブトムシが一匹。子供達は大喜で、私自身も子供に戻ったような興奮を覚えました。

もう一箇所は、残念ながら来ていませんでしたが、取りすぎてはと思い、こちらののエサはその場で回収して、庭に狙いを絞ろうとおもいます。まだ2日目ですがオスが3匹、メスが1匹、捕まえることが出来ています。あと、何匹のカブト虫が庭を訪れてくれるか、楽しみです。
今年は、子供達と素敵な思い出がひとつが出来そうです。


まさに当研究所の狙い通り!しかも意外なほど身近なところにKスポット(自然)はあるという事例が非常にナイスです。実は当HPには栃木県・埼玉県にお住まいの皆様から「何処に行けばかぶと虫はいますか?」という質問メールを頂くことがあるのですが、今後は「とりあえず自宅の庭で」がキーワードになりそうです。

 <写真左>は庭の柿の木のトラップに集まっているかぶと虫
 <写真右>はSanadaさんご本人ではなく大喜びの息子さん


その後に頂いたメールによると奥さんの実家にもバナナ焼酎持参で遠征してしまったとのことですのでSanada家のカブト熱は今後ますますヒートアップすることは間違いなさそうです。

”バナナ焼酎に感動!” ハゼさんファミリー
かぶと人 3号は松戸にお住まいのハゼさんです。

生まれも育ちも東京のハゼさんは”カブト虫を捕るなんて夢の夢”だと思っていたそうです。ところが、幼稚園生のお子さんに「かぶと虫」を捕りたいとせがまれ、某国営放送の「ため○てガッテ○」なる番組をみてトライしたものの見事に失敗。(実はこれ、σ(^^;;)も観ましたが・・・・・。)悪戦苦闘の末、当研究所にいらっしゃったとのことです。
ハゼさんはメールでのお客様ですが、今年(2001年度)に頂いたメールの中で”一番熱かった人物”だったのでご本人了解の上,メールを掲載させていただきます。

○○公園内の車道沿いに並ぶクヌギの木にトラップを仕掛け、辺りを調べること10分後、コクワガタ2匹をゲット「これで 親の面目をとりあえず 保てた」と安心しつつ30分後 トラップを見に行くとなんとカブト虫が 群がっていました!
お陰様で 5匹のカブト虫とクワガタ2匹を採ることが出来ました。子供も大喜びで とても貴重な体験をしました。本当にありがとうございました。


いやー、余りにも当研究所の狙い通りのメールには私も感動しました。
先日近況を頂きましたが、現在は卵数個をGETし奥さんがその世話にハマっているとのことです。

”我が家は天然志向” nonさん
かぶと人 2号は奈良にお住まいのnonさんです。

2人の息子さんとカブトを取りにいくうちに自分がすっかりはまってしまったということで現在のカブト歴は2年。時には奈良から大阪の山の中までカブトスポットを探しに車で出かけ、そして鈴なりのカブト・クワガタを夢で見てしまうほどのハマり具合のようです。彼女とはここの掲示板でお知り合いになりましたが、のっけに”良い妊娠のさせ方”なんかを質問されて実はちょっと困ってしまいました。(^^;)
そんな苦労の甲斐あってか2000年10月現在は無事、2男児と5幼虫の母となったようです。
その後、新発見があったらまた教えて下さいね〜。

”直感のみで密林に突入” トータス幸野さん
記念すべき、かぶと人 第1号はトータス幸野さんです。

彼は元、私の家のおとなりさんなのですが、私に感化され最近すっかりカブト虫狩りにハマっています。常に野生のカンのみで深夜の密林に突入し、何かしらの昆虫をGETしてしまう凄い人です。先日一緒に採りに行ったときもすかさずコクワガタ(写真右)を見つけていました。
さらに会社での接客時にもカブト話を切り出してしまう程の熱の入り方で、更にこれで盛り上がってお客さんと意気投合してしまうことも多いとか。うーむ恐るべしカブトパワー。

彼により潜在的かぶとにんが日夜掘り出されているのは間違いないであろう。
左にメニューが表示されていない場合はお手数ですが、以下のリンクよりTOPページにジャンプしてください。
カブト虫研究所 TOP IKEYAN@ファクトリー TOPへ(総合メインページ)